新入社員の為のビジネスマナー講座

>「ビジネスマナーの基本」一覧

お茶の出し方・いれ方

お茶の出し方

お茶の出し方

お盆は胸の辺りで持って運びます。部屋のドアをノックして、入室します。その後、来客に挨拶をして、サイドテーブル又は机の下手にお盆を置いてからお茶を配ります。お茶を出すときは「どうぞ」と言い、退室時にはドアの辺りで頭を下げます。

お茶を出すにも順番があります。配る順番について、まずは来客からお茶を出し、次に役職の上の人からお茶を出していきます。一緒にお茶菓子を出す場合は、お茶菓子、お茶の順で配ります。

お茶を置く位置は相手から見て左にお茶菓子、右にお茶が基本です。机に書類などが置いてある場合は、お茶を置くスペースをつくるために移動しても良いかどうかを尋ねます。断りもなく、触らないように気をつけましょう。

ページのトップへ ▲

煎茶の入れ方

煎茶の入れ方
  1. 急須と茶碗、湯冷ましにお湯を注ぎ、器を温めます。
  2. 茶碗でお湯の量を計り、湯冷ましにいれます。
  3. 急須と茶碗のお湯を捨て、急須に茶葉を入れます。
    茶葉はひとり大さじ1杯×人数分。
  4. 湯冷ましのお湯(60〜70度にさます)を茶碗の8分目程度まで入れ、それを急須に注ぎます。
  5. 濃淡や分量を均等にするため、3回程度に分けながら、回し注ぎをします。

ページのトップへ ▲

お茶(玉露)の入れ方

お茶(玉露)の入れ方
     
  1. 急須と茶碗にお湯を注ぎ、器を温めます。湯冷ましにもお湯を入れ、お湯を60度までさまします。
  2. 急須と茶碗のお湯を捨て、急須に茶葉を大さじに軽く2杯程度入れます。
  3. 湯冷ましのお湯を茶碗の7分目程度まで入れ、それを急須に注ぎます。
  4. 2分ほど蒸らし、茶碗に回し注ぎをします。

ページのトップへ ▲

お茶の入れ方(日本茶・ほうじ茶、番茶、玄米茶)

お茶の入れ方(日本茶・ほうじ茶、番茶、玄米茶)
  1. 急須に大さじに多めに2〜3杯茶葉を入れます。
  2. 沸騰したお湯を注ぎます。
  3. 蓋をして、15秒程蒸らします。
  4. 茶碗に回し注ぎをします。

ページのトップへ ▲

冷茶の入れ方

  1. ガラスポットなどに氷を準備します。
  2. 急須に茶葉を入れ、70〜90度にさましたお湯を注ぎます。
  3. 茶葉が開き、お茶が侵出したら、ガラスポットへ注ぎます。
  4. お茶が冷たくなったら、ガラスのコップなどに注ぎます。

ページのトップへ ▲

ホットティーの入れ方

ホットティーの入れ方
  1. ティーポットにお湯を注ぎ、ポットを温めたあと、お湯を捨てます。
  2. ティースプーン1杯の茶葉を入れます。
  3. 沸騰したお湯を注ぎ、蒸らします(茶葉のサイズが大きい場合は約3分、小さい場合は約2分)。
  4. ポットからティーカップに注ぎます。

ページのトップへ ▲

アイスティーの入れ方

  1. ティーポットにお湯を注ぎ、ポットを温めたあと、お湯を捨てます。
  2. ティースプーン1杯の茶葉を入れます。
  3. 沸騰したお湯を注ぎ、蒸らします(茶葉のサイズが大きい場合は約3分、小さい場合は約2分)。
  4. ガラスコップに適量の氷を入れ、紅茶を注ぎます。

※ポイント
徐々に冷やすと白く濁ってしまいやすいので、紅茶は氷を入れたグラスに一気に注ぎ、素早くかき混ぜる

ページのトップへ ▲

コーヒーの入れ方(ペーパードリップ式)

コーヒーの入れ方(ペーパードリップ式)
  1. やかんに少し多めに水を入れ、お湯を沸かします。
  2. 沸騰前に人数分のコーヒーカップとコーヒーサーバーに少しお湯を入れて温めます。
  3. カップの中のお湯はコーヒーを入れる前まで温めておきます。
  4. お湯は必ず沸騰させ、沸騰したら、少し火力を絞りお湯の温度93〜98℃に調整します。
  5. コーヒーフィルターの中に挽いたコーヒーの粉を入れます。
    分量の目安:1人分8〜12g、メジャースプーン1杯。2人分なら1.8倍、3人分だと2.6倍といった具合に人数が増えた分だけコーヒーの粉の量を増やします。
  6. ドリッパーを軽く左右に振って表面を平らにして湯を注ぎます。
  7. 最初はコーヒーの粉全体に湯がしみわたり、粉が充分膨らむように注ぎます。
  8. 2回目にお湯を注ぐときは、円運動と上下運動とを合わせた注ぎ方で、湯がドリッパーの中ほどまで達するまで注ぎます。
  9. 3回目にお湯を注ぐときは、1〜2秒おいて抽出します。

※沸騰状態のお湯でコーヒーを淹れると、コーヒーの味に渋みが増します。また、お湯の温度が低すぎると、コーヒーのおいしさを引き出せませんのでご注意ください。

ページのトップへ ▲

アイスコーヒーの入れ方

アイスコーヒーの入れ方
  1. サーバーの上にドリッパーを乗せ、ペーパーフィルターのシール部を互いちがいに折ってドリッパーの中に入れる。その際、折ったペーパーの角を左右の指の平で挟んでつぶすとドリッパーになじみやすくなる。
  2. やかんに水を入れ、お湯を沸かす。
  3. お湯が沸くまでに500ccのサーバーとメリタ1×2のドリッパーをセットし、サーバーの中に砂糖をティースプーン3杯分入れます。メジャーカップ3杯半(約30g)のフレンチロ−ストを少し細かめにミルで挽き、1×2のペーパーフィルターの中に入れてドリッパーの上に乗せます。
  4. お湯が沸いたら抽出を始める。必ず沸騰した湯を使う。ホットコーヒーと同じように、沸騰状態ではなく、95℃前後が理想。
  5. 最初はコーヒー液が下に落ちない程度に粉全体にお湯を注ぎ、約30秒間蒸らす。その間に2個のアイスコーヒーグラスに氷を充分に入れておく。
  6. もう1度粉の表面全体に蒸らしの補助をする。
  7. 濃いコーヒー液が落ち始めたら、ゆっくりとドリッパーの中ほどの高さまでお湯を注いでいく。
  8. ドリッパー内のコーヒー液の水位が少し下がったら、またゆっくりとお湯を注ぎます。
  9. サーバーの中のコーヒー液が100ccに達したらドリッパーを外し、砂糖とコーヒー液とが 溶け合うようにスプーンでよく混ぜる。
  10. 氷の入ったアイスコーヒーグラスにコーヒー液を二つに分けて注ぎ、グラスの中の氷とコーヒー液をスプーンで1〜2回混ぜ、氷の補充をし出来上がり。

ページのトップへ ▲