新入社員の為のビジネスマナー講座

>「ビジネスマナーの基本」一覧

その他の基本マナー

名刺の渡し方

名刺交換はビジネスの大切な第一歩で、非常に大切な事です。挨拶同様、あなたの印象が大きく変わってきますので、気を付けて行いましょう。名刺を、あなたから、相手方へ渡すポイントは以下の通りです。

  1. 相手の目を見る。
  2. 相手の読める向きにして渡す。
  3. 胸と同じ高さのまま差し出す。

相手を思いやって、名刺を渡すと言う気持ちがまずは必要です。

ページのトップへ ▲

名刺の受け取り方

あなたから名刺を相手方に渡す時も重要ですが、相手方から名刺を受け取る時も更に気を付けるポイントがあります。

  1. 受け取った名刺は、その場で目を通す。(読みにくい名前などは、その場で確認をする。)
  2. 受け取る際、利き手で受け取りもう一方の手を添える。
  3. 差し出された高さのままで、名刺を受け取る。 また、同時に差し出した場合は、名刺入れを「受け盆」として相手の名刺を乗せ、受け取りましょう。
  4. 尚、無言ではなく「頂戴します」などと言い添えると、さらに好印象を与えます。商談中は、名刺をテーブルの上に置いておくと、呼び間違えを起こさないので、是非やってみましょう。

    ページのトップへ ▲

    名刺が切れてしまったら

    名刺は常に多めに持っておく事が基本ですが、あいにく切らしてしまった時には、まず相手に詫び、後日簡単な詫び状を添えて郵送するのが望ましい対応です。白い紙に、即席で自分の氏名などを記入して、相手に渡す方法は、あまり望ましくありません。

    ページのトップへ ▲

    喫煙ルール

    近年では、喫煙を制限する区域が増えていますが、オフィス内でも同様です。喫煙者は、各々のオフィスでの喫煙ルールを先に把握しておく必要があります。

    また、客先に行った場合も同様です。相手に勧められてから・相手が吸い始めてから吸うのが一つの目安となるでしょう。忘れがちのな点ですが、喫煙所から戻る前に、煙草臭が付きすぎていないか、周囲の方への配慮もお忘れなく。

    ページのトップへ ▲