新入社員の為のビジネスマナー講座

>「文書の書き方」一覧

社外文書

宛名書き(株式会社と(株) )

株式会社を(株)と略して標記することは良くありますが、宛名書きをする時には、必ず「株式会社」と略さずに書く必要があります。

株式会社は会社の固有名詞の一部です。ですから特に封筒の宛名などの場合には、略すことは大変失礼になります。

ページのトップへ ▲

封筒の宛て名

○○株式会社の総務部長宛てにパンフレットを送るように指示され、総務部長の名前が分からないので、「○○株式会社 総務部長様」と書いて出すことは、間違っています。

この書き方では、一般のダイレクトメールと全く変わらない事になってしまいます。

相手の名前が分からない時には、上司に確認するか先方の会社に電話をして聞くようにしましょう。電話に出た相手に不信に思われないように、きちんとこちらの社名を名乗ります。この時上司からの指示でパンフレットをお送りする旨を伝えてもかまいません。

ページのトップへ ▲

新会社設立の挨拶状

新会社設立のご挨拶

拝啓
時下ますますご健勝のこととお喜び申しあげます。平素はひとかたならぬお引き立てにあずかり厚く御礼申し上げます。

さて、このたび、私ども有志により新会社を設立いたし、◯月◯日をもって開業の運びとなりました。今後皆様のご期待に沿いますよう、社員一同全力を挙げて社業に努める所存でございます。何とぞ、格別のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。

まずは、略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます。

                                                           敬具

平成○年○月○日
株式会社○○○○代表取締役○○○○

新会社社名 株式会社○○○○
所 在 地 東京都台東区上野○丁目○番○号
電話03(1234)5678 

ページのトップへ ▲

会社移転の挨拶状

本社移転のご挨拶

拝啓
時下ますますご健勝のこととお喜び申しあげます。平素はひとかたならぬお引き立てにあずかり厚く御礼申し上げます。

さて、このたび小社では、業務拡大に伴い、本社を下記に移転することになりましたのでご案内申し上げます。新社屋はスペースも広く、皆様のご来訪にも十分対応できるものと存じます。これを機に、皆様のご厚志に報いるために全社一丸となって一層精励いたしますので、今後とも倍旧のご愛顧とご指導を賜りますようお願い申し上げます。

まずは、略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます。

敬具

本社事務所移転先
東京都台東区上野○丁目○番○号
電話03(1234)5678

全社業務開始
平成○年○月○日(月曜日)より

ページのトップへ ▲

お歳暮の挨拶状

拝啓
時下ますますご健勝のこととお喜び申しあげます。平素はひとかたならぬお引き立てにあずかり厚く御礼申し上げます。

おかげさまで本年もつつがなく業務を進展させることができました感謝の気持ちをこめ、ささやかではございますが、お歳暮のしるしまでに別便をもって粗品をお届けいたしましたので、ご笑納いただければ幸いに存じます。

何かとご繁忙の折から、ご自愛専一のほどお祈り申し上げます。

敬具

ページのトップへ ▲

社名変更の挨拶状

拝啓
時下ますますご健勝のこととお喜び申しあげます。平素はひとかたならぬお引き立てにあずかり厚く御礼申し上げます。

さて、弊社ではかねてより本業のシステム部門の他に新規事業としての半導体部門の研究を重ねてまいりましたが、このほどようやく軌道に乗り、事業部として発足することになりました。

つきましては、その新規事業への参入を機に別記のとおり社名を変更することになりました。長年馴れ親しんでいただいました社名でございますゆえ、当面は皆様方に種々ご不便やご迷惑をおかけするかと存じますが、事情ご賢察の上ご了承くださいますようお願い申し上げます。

社名変更を弾みにいたしまして、さらに全社員一丸となって社業の発展に鋭意努力をいたす所存でございますので、なお一層のご支援ご指導を賜わりますよう、ひとえにお願い申し上げます。

まずは書中をもってご挨拶申し上げます。

 

敬具

旧社名  ○○○株式会社
新社名  ○○株式会社

ページのトップへ ▲

社長就任の挨拶状

拝啓
時下ますますご健勝のこととお喜び申しあげます。平素はひとかたならぬお引き立てにあずかり厚く御礼申し上げます。

さて、私こと、この度第○○回株主総会及び取締役会の決議により代表取締役社長に就任いたしました。

つきましては、誠に浅学非才の身ではございますが、前社長の方針を受け継ぎ、社業の発展に渾身の努力をいたす所存でございますので、何卒一層のご指導ご鞭撻を賜りますよう、衷心よりお願い申し上げます。

まずは、略儀ながら書面をもって就任のご挨拶を申し上げます。

 

敬具

平成○年○月○日

ページのトップへ ▲

退社の挨拶状

拝啓
時下ますますご健勝のこととお喜び申しあげます。

さて、私ことこの度一身上の都合により株式会社○○○を退社することになりました。在勤中はひとかたならぬご厚情を賜りありがたく御礼申し上げます。

これからもよろしくご指導くださいますようお願いもし上げます。
とりあえずお知らせをかねてご挨拶申し上げます。

 

敬具

ページのトップへ ▲

会社合併の挨拶状

拝啓
時下ますますご健勝のこととお喜び申しあげます。平素は格別のお引き立てにあずかりありがたく厚く御礼申し上げます。

さて、この度○○株式会社と△△株式会社が合併し、平成○年○○月一日付で株式会社○○○○として新発足することになりました。

この両社の合併により、これまで業界の一つのネックとされてきたソフト面とハード面の一貫工程が可能になり、わが国の○○産業に新機軸が打ち出せるものと確信いたしております。

今後ともなお一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 

敬具

平成○年○○月○日

ページのトップへ ▲

株主総会の案内状

第○回定時株主総会開催のご案内

拝啓
初夏の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

さて、当社第○回定時株主総会を下記のとおり開催致しますので、ご出席くださいますようご案内申し上げます。

なお、本議案中には定足数の出席を必要とする議案もございますので、当日ご欠席される場合は、別紙参考資料をご検討賜り、同封の委任状用紙に賛否をご表示いただき、ご記名ご押印のうえ、ご返送くださいますようお願い申し上げます。

まずは、略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます。

 

敬具

1.日  時 東京支店
2.場  所 ○○○○
3.会議の目的事項
  第一号議案 −−−−−−−−−−−−−−−
  第二号議案 −−−−−−−−−−−−−−−

平成○年○月○日
株主各位

ページのトップへ ▲

会社説明会の案内状

会社説明会のご案内

拝啓
時下ますますご健勝のこととお喜び申しあげます。

このたび当社では、会社説明会を実施いたしますので、ご多用中誠に恐れ入りますが、ぜひご出席くださるようお願い申しあげます。

敬具

1.日 時 ○○月○○日(土) 午前○時から
○○月○○日(日) 午前○時から
いずれか都合のよい日にご来社ください。
2.場 所  ○○○○
(電話 ○○○○-○○-○○○○ )
3.持参するもの 鉛筆3本、メモ帳、印鑑
4.交通費 一律2,000円を支給

以上

ページのトップへ ▲

販売店セミナー開催の案内状

売上増強セミナー開催のご案内

拝啓
時下ますますご健勝のこととお喜び申しあげます。

このたび弊社では、皆様のお店の売り上げに少しでもお役に立てればということから、下記のような「売上増強セミナー」を開催いたすことになりました。

ご多忙中誠に恐れ入りますが、ぜひご出席くださいますよう、ご案内申しあげます。

 

敬具

1.日 時:○月○日
2.場 所:○○
※ご参加希望のお店は同封はがきにご参加者のお名前をご記入の上、○月○日必着で弊社にご返送ください。

以上

ページのトップへ ▲

招待セールの案内状

冬の特別展示即売会のお知らせ

拝啓
時下ますますご健勝のこととお喜び申しあげます。
平素は格段のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、本年もお客様各位のご愛顧におこたえするために、冬の特別展示即売会を開催いたします。新シーズンにさきがけ、小社が総力を挙げてご紹介する新作の数々は、いずれも絶対の自信を持ってご推薦できる逸品を揃えました。素材、デザイン、着心地、どの角度から見ても完璧な品々を厳選させていただきました。

例年道り当展示会は、会員の皆様のみへのご案内ですので、何卒この機会にご高覧くださいますようお願い申し上げます。

なお、会期中は、一般のお客様のご来場はご遠慮いただいておりますので、ご来会の折には、お手数ですが本状をご持参くださるようお願いいたします。

敬具

ページのトップへ ▲

臨時休業の案内状

臨時休業のご案内

いつもお引き立てくださいましてありがとうございます。
来る○月○日(○曜日)〜○月○日(○曜日)までの○日間は、社員研修のため臨時休業させていただきます。
悪しからずご了承くださいますようお願い申し上げます。
なお、○日からは平常どおり業務いたしております。

 

不一

ページのトップへ ▲

着任者歓迎会の案内状

支店長着任歓迎会のご案内

拝啓
時下ますますご健勝のこととお喜び申しあげます。

さてこのたび、当社○○店店長として、前△△本店営業部長○○○が着任しました。○○○は△△本店在籍中、数々の優れた企画を推進し、記録的な売り上げをもたらしたとして、社の内外を問わず、その名を轟かせております。

出口の見えない不況が続く商況下において、かような力強い指揮官を得られますことは、当店にとりましてこの上ない喜びと申せます。

つきましては、下記の次第により歓迎会を催し、新店長の人柄に触れ、皆様と親交を深めたいと存じますので、ぜひご出席くださるようお願い申し上げます。

 

敬具

平成○年○月○日
株式会社□□□○○店
人事部長 ○○

ページのトップへ ▲

事業計画説明会の案内状

事業計画説明会のご案内

拝啓
時下ますますご健勝のこととお喜び申しあげます。

さて、当社ではかねてより、生産工場を○○に新設すべく、準備を進めてまいりました。このたび、○○地区に工場敵地が見つかり、さっそく具体的な建設計画に入る見通しが立ちました。

つきましては、今回の計画の経緯および今後の展望につきましては、今回の計画の経緯および今後の展望につきまして、ご説明を申し上げるとともに、皆様のご卓見を伺う機会を設けたく、別紙により説明会を実施いたします。

皆様にはご多忙中とは存じますが、どうかご出席くださいますようご案内申し上げます。

 

敬具

ページのトップへ ▲

新社屋落成披露宴の招待状

拝啓
時下ますますご健勝のこととお喜び申しあげます。

さて、かねてから新築中でありました弊社新社屋が、おかげさまにてこのほど落成の運びとなりました。仮社屋における執務中はなにかとご不便をおかけいたしましたが、きたる○月○日より○○にて執務致すことになりました。これもひとえに皆様方のご支援の賜物と深く感謝を申し上げる次第です。

つきましては、皆様への感謝をこめて下記のとおり新社屋の披露かたがた小宴を催したく存じますので、ご多用中恐縮ながら、ご光来賜りますようお願い申し上げます。

 

敬具

1.日 時 ○月○日午後○時〜午後○時
2.会 場 ○○    

以上

ページのトップへ ▲

支払い遅延の詫状

ご送金についてのお詫び

拝啓

今月分の貴社へのお支払いが未入金とのお知らせを受けまして、取り急ぎお返事とお詫びを申し上げます。

実は、当社の事務手続きのミスから、貴社請求書が未処理のままになっておりました。ご迷惑をおかけいたしまして、誠に申し訳ございませんでした。さっそく、本日、ご指定の口座にお振込を致しましたので、御確認のほどをよろしくお願い申し上げます。

今後このような手違いのないよう、社内でも厳しく徹底いたしましたので、どうか今回の件はご海容くださいますようお願い申し上げます。

いずれあらためまして担当者がおわびにお伺いいたしますが、本日はまずは書中をもちましてお詫びとご通知を申し上げます。

 

敬具

ページのトップへ ▲

契約不履行の抗議への詫状

メンテナンス契約に関するお詫び

拝啓

日頃はひとかたならぬご高配にあずかり、心よりお礼申し上げます。

さて、標記契約が不履行である旨の書状を拝読し、大変に驚き、さっそく社内担当者に確認をいたしましたところ、ほぼご指摘の通りの状態であることが判明いたしました。まことに申し訳なく、ここに謹んでおわび申し上げます。さっそく一両日中に当社技術者を貴社に派遣致しますので、なんなりとお申し付けいただきたく存じます。

実は、御社の設営に伺いました担当者が、事後まもなく一身上の都合により退社し、その際の引継ぎ事務連絡が不完全であったためこのような不手際を起こしてしまいました。これはひとえに弊社の管理不行届きによるものと、猛省しております。今後はこのような事のないよう、十分に注意いたしますので、どうか今回に限り御容赦くださいますよう、ひらにお詫び申し上げます。

 

敬具

ページのトップへ ▲

不良品混入の詫状

不良品混入に関するお詫び

お客様各位

日頃より当社の通販サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

お客様よりご注文いただき、過日発送致しました『画像加工ソフト(商品番号B-222)』の一部に、初期不良品が混入していることが判明致しました。
送料当社負担で代替品 とお取り替え致しますので、当社宛にご返送ください。

ご迷惑おかけ致しましたことを、心よりお詫び申し上げます。

 

敬具

ページのトップへ ▲

注文品品切れのお詫び

注文品品切れに関するお詫び

拝啓

日頃より当社の通販サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

さて、○月○日付けでご注文いただきました商品(商品番号B-222)は、おかげさまで限定数の販売を終了致しました。あしからずご了承ください。

また、その他の商品につきましては、近日中に出荷致しますので、到着まで今しばらくお待ち下さいますようお願い申し上げます。

 

敬具

ページのトップへ ▲